島の人も、観光客も、

​誰もが心地よく過ごせる、癒しの空間。

​大島テラス

​Background

島の人と来訪者をつなぎ、

​島のシンボルとなる場所を。

四国・愛媛県の西端、佐多岬半島の付け根に位置し、

みかんと魚が美味しい街として知られる八幡浜市。

市の中心部から南西の沖合約10kmのところに、

市唯一の有人島「大島」があります。

現在島民は約250名。昔ながらの漁村風景が残り、

ゆったりとした時間が流れる離島です。

島へは八幡浜港より1日3便運行するフェリーで

約20分ほどでアクセスが可能ですが、

これまで来島者が食事や休憩で利用できる施設は

ありませんでした。

日帰りで楽しめる離島として、観光客の増加が期待される中、

島民と来島者が交流できる施設が建設されることとなり、

デザイン設計のコンペが実施されました。

​Concept

島民が自分たちの居場所と感じられ、

来島者の記憶に残る建築に。

建築コンセプトを考えるにあたり、実際に大島を訪れました。

そこで発見したのは、

龍神様が棲むと伝わる「龍王神社」があり、

島民にとって大切な存在であること。

島には島民が使用する生活道と

車や自転車が通る海岸沿いの道の二つがあること。

・立地するのは船着場からすぐ目につく場所であり、

視認性が非常に重要であること

上記を建築に盛り込むことが本案件ではキーになると考えました。

視認性を確保するにあたり思い付いたのが「やぐら」。

龍神様にちなみ、龍の鱗をモチーフにした「龍王やぐら」

設計することにしました。

また、来島者が憩うだけでなく、

大切なのは島民の方達が集まりたくなる場所になることだと考え、正面の入り口だけでなく、建物の裏側にも入り口を設計。

島民にとっての正面を作ることで、

みんなが居心地の良い空間になることを目指しました。

​Contents

しまカフェ

海に面して大きく開かれた「しまカフェ」は開放感にあふれ、

訪れる人たちに癒しを与えてくれます。

 

ここでは、島のお母さんたちが作るアジフライ定食や釜飯、

島カレーなど島の恵みがたっぷりの料理や

淹れたてのコーヒーを味わうことができます。

また施設内には島内の観光スポットの案内や、

特産のスジ青のりを使った商品など、

島の特産品を購入することもできます。

大島の旅は、ここから始まります。

​竜王やぐら

船で島に着くとすぐに目につく大島テラスのシンボル。

ここから見渡す海の景色は爽快です!

コーヒーを飲みながら一息つけば、

のんびりとした島時間が心に流れます。

2つの正面

山側の空間には、

落ち着いた日常の島の風景に馴染む空間を

デザインしました。

ベンチを設置することで、

施設が開いていない時間でも気軽に集まり、

井戸端会議が弾むような場所になることを意図しました。

島カード

本案件では、建物のデザインだけではなく、

実際にオープンしてからの交流のデザインも

コンペ時に提案しました。

 

大島の魅力は、何と言っても島の人たちです。

その人となりが見え、

また観光スポットも紹介できるような仕掛けを考えました。

そこで提案したのが「島カード」。

島の人たちのポートレイトと共に、それぞれの人たちの

大島のオススメの場所を紹介するカード型の観光マップです。

この島カードは、東京・日本橋でまちづくりを行う

NPO法人「日本橋フレンド」と協働し、制作しました。

​Nowadays

島民が憩い、来島者で賑わい、

島の笑顔が集まる場所に。

大島テラスは2018年8月11日にオープン。

以来、来島者や島の人たちで日々賑わいを見せています。

8月には約1200人もの人が島を訪れました。

 

最近では、八幡浜市内の人が

島のお母さんたちが作るランチを目当てに島を訪れたり、

漁を終えた漁師さんがビールで一息ついたり。

そして、夏祭りの時には島の人たちが大好きなカラオケ大会のステージになったり。

 

今ではそんな風景が日常となり、

島の人にとっても、島を訪れる人にとっても

大切な居場所となっています。

copyright (c) 2019 tampopoDESIGN. All rights reserved.